オークス(東京 2400m)①

2400mは3歳牝馬にとって過酷な距離で実力通りになりやすい。

4コーナーまでゆったり進むことが多く、末脚勝負になりやすいので後ろすぎると

届かないケースも考えられるから6-8番手くらいには最低でもいたい。

 

前走桜花賞組が一番相性がよく、3着以内になれなかったら桜花賞の前走で

重賞連対していないとオークスでの好走は難しい。

 

ラップギアで瞬発力3があるといいし、ディープインパクト産駒(特に前走連対)

ノーザンダンサーのクロス持ちは注目したい。