ヴィクトリアマイル(東京 1600m)⑤

予想

◎ 9 プリモシーン

〇 7 ミッキーチャーム

▲ 1 アマルフィコースト

☆ 2 レッドオルガ

△ 6 ラッキーライラック

△ 8 デンコウアンジュ

△ 11 アエロリット

△ 13 サトノワルキューレ

 

◎ 9 プリモシーン

時計勝負強そうだし、11秒台の展開を経験済み

 

〇 7 ミッキーチャーム

好相性の阪神牝馬S覇者で先行し押し切れるかも

 

▲ 1 アマルフィコースト

展開がはまるかも

 

☆ 2 レッドオルガ

東京1600mが得意なエリモピクシー一族

 

△ 6 ラッキーライラック

前走は大敗だが、実力は確か。ミスプロ系内包

△ 8 デンコウアンジュ

好調そうだし、リピーターとして期待

△ 11 アエロリット

海外帰りだけど東京だし、スピードが問われれば好走が期待できそう

△ 13 サトノワルキューレ

このメンバーで数少ないミスプロ系内包馬

ヴィクトリアマイル(東京 1600m)④

東京1600m傾向

①フィリアーノ ルーラーシップ × ゼンノロブロイ × ミスプロ

②ギフトオブアート ヴィクトワールピサ × ミスプロ系 × ノーザンダンサー

③ホウオウヒミコ ロードカナロア × サンデーサイレンス × ミスプロ

 

①アドマイヤマーズ ダイワメジャー × ミスプロ系 ×  サドラー系

ケイデンスコール ロードカナロア × ハーツクライ × 異系

③カテドラル ハーツクライ × ダンジヒ系 × 異系

 

①アンノートル ミスプロ系 × タイキシャトル × ロベルト系

②レジーナドーロ キングカメハメハ × フレンチデピュティ × サンデーサイレンス

③ワンダープチュック ハーツクライ × Storm Cat × ミスプロ

 

気になるポイント

ミスプロ

6 ラッキーライラック(母父)

13 サトノワルキューレ(母父)

14 レッツゴードンキ(父 母母父)

17 サウンドキアラ(母父)

 

ハーツクライもしくはトニービン内包

なし

ヴィクトリアマイル(東京 1600m)③

枠順

1 アマルフィコースト

2 レッドオルガ

3 クロコスミア

4 ノームコア

5 メイショウオワラ

6 ラッキーライラック

7 ミッキーチャーム

8 デンコウアンジュ

9 プリモシーン

10 ミエノサクシード

11 アエロリット

12 ワントゥワン

13 サトノワルキューレ

14 レッツゴードンキ

15 カンタービレ

16 ソウルスターリング

17 サウンドキアラ

18 フロンテアクイーン

 

4歳、5歳

1 アマルフィコースト 4歳

2 レッドオルガ 5歳

4 ノームコア 4歳

5 メイショウオワラ 5歳

6 ラッキーライラック 4歳

7 ミッキーチャーム 4歳

9 プリモシーン 4歳

11 アエロリット 5歳

13 サトノワルキューレ 4歳

15 カンタービレ 4歳

16 ソウルスターリング 5歳

17 サウンドキアラ 4歳

 

前走、阪神牝馬S

1 アマルフィコースト

2 レッドオルガ

3 クロコスミア

6 ラッキーライラック 

7 ミッキーチャーム 

10 ミエノサクシード

12 ワントゥワン

13 サトノワルキューレ

15 カンタービレ

 

前走、5着以内

1 アマルフィコースト

3 クロコスミア

7 ミッキーチャーム

8 デンコウアンジュ

9 プリモシーン

10 ミエノサクシード

17 サウンドキアラ

18 フロンテアクイーン

 

血統

1 アマルフィコースト

2 レッドオルガ

7 ミッキーチャーム

8 デンコウアンジュ

9 プリモシーン

10 ミエノサクシード

11 アエロリット

12 ワントゥワン

13 サトノワルキューレ

15 カンタービレ

ヴィクトリアマイル(東京 1600m)②

前走と直近の東京1600m成績

2018年

①ジュールポレール(5歳)阪神牝馬S5着 ヴィクトリアマイル3着

リスグラシュー(4歳)阪神牝馬S3着 東京新聞杯1着

レッドアヴァンセ(5歳)阪神牝馬S2着 ユートピアS1着

 

2017年

①アドマイヤリード(4歳)阪神牝馬S2着 東京1600m初出走

デンコウアンジュ(4歳)福島牝馬S4着 アルテミスS1着

③ジュールポレール(4歳)阪神牝馬S3着 東京1600m初出走

 

2016年

ストレイトガール(7歳)阪神牝馬S9着 ヴィクトリアマイル1着

ミッキークイーン(4歳)阪神牝馬S2着 クイーンC2着

ショウナンパンドラ(5歳)産経大阪杯3着 ヴィクトリアマイル8着

 

2015年

ストレイトガール(6歳)高松宮記念13着 ヴィクトリアマイル3着

ケイアイエレガント(6歳)京都牝馬S1着(1600m)ヴィクトリアマイル6着

ミナレット(5歳)福島牝馬S5着 東京1600m初出走

 

2014年

ヴィルシーナ(5歳)阪神牝馬S11着(1400m) 東京新聞杯11着

メイショウマンボ(4歳)産経大阪杯7着 東京1600m初出走

ストレイトガール(5歳)高松宮記念3着 東京1600m初出走

ヴィルシーナは2013年ヴィクトリアマイル1着だった。

ヴィクトリアマイル(東京 1600m)①

AコースからBコースに変わり内が有利になりやすい。

ここ2年やや重での開催だが、良馬場なら緩急が少ない11秒代が続くスピードの

持続力戦勝負になりやすい。追走するだけでいっぱいいっぱいになってしまい、

1800m以上でしか走ったことがない馬やスローからの瞬発力勝負が多かった馬は

速い流れになることで対応できなくなるかもしれない。

上がりも速く、33秒台前半の脚はほしい。

2015年のようなハイペースの緩急のない展開になりそうだったらスプリント適性が

要求される。

 

阪神牝馬Sは1400mから1600mに、京都牝馬Sは1600mから1400mに距離変更され

ていて、近年は前走阪神牝馬組が好相性となっている。他の前哨戦でも重賞5着

以内と調子を落としていない馬を狙いたい。

母系に欧州ノーザンダンサー系ありと過去の東京1600mでどうかを確認し、

1着経験ありは注目。

4,5歳の戦いと考えてよさそう。